たまりば

  日記/一般 日記/一般  青梅市 青梅市


2011年05月03日

絶対音感になれる原点とは

自分が絶対音感だと自覚したのは、ずいぶん後になってから。
でも、全ては幼少で決まる。

ピアノを毎日弾く姉をもつ弟としての宿命、興味がなくても吸収されていく小さな身体。
そういった環境がはじまりだった。

幼少の頃に、おふくろが姉の為に購入しただろうクラシックレコードがそもそもの発端だと思う。
小学1年、古いステレオに勝手にレコードを乗せて、針を置く行為がドキドキしていた。
そして、廻っているレコード面の溝を見つめながら流れる音楽を聴いていた。


それは、まるで、魔法にかかったかのように、ひたすら見入っていたレコード盤。
溝に刻まれている太かったり細かったりする様々な線から、小さい音、大きい音で変化するのを楽しんでいた。

太い溝は大きく、細い溝は小さな音を奏でる。

波打ったような面白い溝もあったが、曲名が思い出せない。

次の曲にいく瞬間、針を送るための溝があるのだが、曲の長さによって幅が違う。
その溝の並びでそのレコードの曲が何だかを覚えていた。

だがしかし、肝心な曲名がわからないまま、成長し、数十年も覚えている楽曲はその後ずっと聴く事がなかった。

それほど有名でも、よくかかるような曲ではなかったため、こんにちまで、聴けない日々が続いた。

絶対音感とは、曲を聴くだけでなく、目から入ってくる音、それと同時に耳に入ってくる音、見入って聴き入る時間を要する。それが全て偶然に出来た環境によって生まれるものだと思った。

これは、ただ自慢したいわけではない。絶対音感を勘違いしている人が多すぎるのだ。
鍛えて持てるものではないことを伝えたいだけ。

でも、絶対音感は、まるで音楽界では必要なく、自分自身だけで即興的な作曲をするだけに留まるので、他人にはまったく役に立たない。

トラックやサイレンの音真似が出来たり、電車のモーター音の特長やら、どのクルマのエンジン音かとかの擬音的な事、それを声にだして歌ったり出来ても、ただの変わり者扱いである。、

音を識別する能力である「相対音感」なら、誰でも備わっており、鍛えて勉強していけば、それだけでも音楽は作れるし、人に伝えることができる。

今更ながら、グラフィックデザイナーよりも、音楽界での仕事の方がよかったと後悔しているが、もう後戻りは出来ない。  » 続きを読む


  • Posted by ざっくばらん  at 03:03Comments(2)気まぐれ日記

    2011年04月04日

    自粛を自粛しない?

    東日本大震災で被害を受けた方々には、謹んでお見舞いを申し上げます。

    地元でも、数々の伝統を誇るお祭りが中止になるという噂で、この自粛ぶりはただものではないと思う。

    自粛自粛って。。。これでは、かえって被災者にストレスを与えてしまうのではないかと思っている。
    元気が少しでもでてくれると信じて、被災者にもぜひ見て欲しいというわけで、迷ったがアップ!

    7日に行われたお祭り後に地震が発生、その影響もあり、3月いっぱいまでの観光客も、自粛と重なり、少なめに終わった。でも、梅そのものは元気に咲き誇っておりましたことを、ここにご報告させていただきます。

    3月26日撮影


      


  • Posted by ざっくばらん  at 19:17Comments(0)気まぐれ日記

    2010年07月15日

    音楽活動再開・・・準備

    もうかれこれ2年、早いもので、作曲をする自分という紹介が出来なくなるほどのブランク。

    PCの新旧交代を迫られる中、だましだましで使用してきたPowerMac G4。
    ハード的にはもうすぐ10年を迎えるわけだが、実は、中身はだいぶ改良している。

    現在のシステムに少しでも縋り付く意味で、ハードディスク交換とか、
    LAN端子交換、OSX化、メモリ容量、CPU増強等々、様々なアップグレードを施してきた。

    しかし、音楽活動をするにあたり、今までクラシックベースだった作業はもう皆無に等しい。
    OSX側のシステムアップに伴い、クラシック環境との併用がますます厳しくなってきたのだ。

    クラシック環境で散々慣らしてきたサウンドカード、RME 96/8PSTが置き去りになってしまったのだ。
    当時高価だったカードだけに、OSX用のドライバーを捜し回った。

    RMEも日本サポートが転々とする中、ようやく見つけたのが、シンタックスジャパン。
    サポートの中にようやく、96/8の文字が見えた。

    これでOSX環境の仲間入りを果たせた96/8。
    サウンドの綺麗さはここでまた復活を成し遂げた。

    後は、センスの復活だけだな・・・



      


  • Posted by ざっくばらん  at 12:36Comments(0)気まぐれ日記

    2010年06月30日

    夏になってきたよ〜

    どんなに不景気だろうと、どんなに環境汚染だと言われても、
    暑い暑い夏はやってきたようだ。

    今年の夏は、以前ほど派手な行動もできそうにないが、
    夏休みだったら、それなりのアクションは考えている。(つもり・・・)

    とりあえず、夏ってことなので、それらしいものを発見。
    大人もびびりそうだが、これを子供に渡すと大喜び?

    怖いけど笑う・・・
    超・怖い話ガム


    新・怖い話ガム

      


  • Posted by ざっくばらん  at 16:56Comments(0)気まぐれ日記

    2010年06月15日

    さよなら201系中央線卒業記念





    国鉄時代の列車たちがどんどん姿を消していくのは寂しい限り。
    でも、命を預かっているJRとしても老巧化は見逃せないし、修理にも維持も経費がかさむから
    結構苦労と決断を強いられるのだろう。

    http://journal.mycom.co.jp/news/2010/04/30/037/index.html

      


  • Posted by ざっくばらん  at 16:31Comments(0)気まぐれ日記

    2010年06月14日

    Kingrass Hoppers 38℃

    Youは俺にとって
    たった1人のFavorite
    送る言葉に偽りは無いよ
    ねぇ?出来る事なら
    そばに居たいよ

    でもあなたはそぅ友達の恋人
    やがて訪れたり裏切り
    枯れるほど君涙流し
    壊れそうな君を
    ただ支えることしか出来なくて
    胸が苦しくて

    気付けばいつからか曖昧な日々
    徐々にYouに溺れてくMe
    笑ってよ ねぇ?
    For meきっとかなわない思い
    でも変わらないAnytime!
    いつまでも!いつまでも!
    もぅ涙は見たくないよ
    いつか2人の朝が何気ないと
    思える時笑顔だったらいいね
    触れたい 一番遠くて近い君へ

    Pleaseこっち向いてよ ねぇ!
    もう一度Feel me mySweety
    いつまでも変わらずに
    そぅStay with me
    君の事を抱きしめ何度も
    温もり感じたいMorning
    I don'tlie All day all night
    38℃忘れられないよ


    もう寝ても覚めても
    君のことが頭から離れないの
    君とはじめての出会いは1999〜
    今までの思い出のFile
    そう 頭整理整頓で思い出す
    君は俺のBest Frindに
    Fall'n 何かある度に
    相談でPlease! Please!で
    MissもSuccessも 報告します!
    話す度あるがままをさらけ出す
    君に対し彼は邪で浅はかな行為
    君に隠れて繰り返す日々
    はたかりゃ見りゃまるで
    ツギハギの様に
    俺に言わせりゃ
    もうこれ以上無意味!!
    糸がほつれ崩れ去る前に
    俺がここから君を連れ出して

    今までの出来事巻き戻し
    昨日の事かの様に思い出し
    全部知ってるよ
    君の温もり〜涙の理由までもね
    Yeah抑えきれず気持ち伝えたけど
    君離れたOh my Baby&Memories
    忘れられない物!この思い!!
    君は素晴らしい女性だ
    人へのやさしさ 心は強く
    たまに見せる弱さは格別
    恋は届かないほど強くなり
    生きる力に変えてくれる
    僕は君を待ちつづける
    悩んだって何もつかめないよ!
    やさしく包む愛このメロディーで!!

    Pleaseこっち向いてよ ねぇ!
    もう一度Feel me mySweety
    いつまでも変わらずに
    そぅStay with me
    君の事を抱きしめ何度も
    温もり感じたいMorning
    I don'tlie All day all night
    38℃忘れられないよ


    何度も君との幸せ描いて
    何気ない笑顔逆に切なくて
    気持ち溢れてまた求めて
    ねぇ Baby?届けたいよMelody
    ただただ君の幸せを願う!
    これからのために…
    「Baby No more cry!」

    そう2人
    ただ素直に感じ合える事
    音と共に朝が来て今日が始まる
    いつまでも これからもずっと
    忘れないMemorier&Happinesr
    君を思うたびに不安で
    記憶たどり 探し気付くよ!
    「あなたの優しさと
    抱きしめた温もりが38℃」だって事!

    Pleaseこっち向いてよ ねぇ!
    もう一度Feel me mySweety
    いつまでも変わらずに
    そぅStay with me
    君の事を抱きしめ何度も
    温もり感じたいMorning
    I don'tlie All day all night
    38℃忘れられないよ  » 続きを読む


  • Posted by ざっくばらん  at 17:06Comments(0)気まぐれ日記

    2010年02月23日

    ささやかなる、ボクだけの記念きっぷっ!

    なんやかんやと言っても、あと11年は待てません。




      


  • Posted by ざっくばらん  at 12:27Comments(0)気まぐれ日記

    2009年08月10日

    毎週土曜はカレーの日(ベター)





    ウチのカレーは市販用ではない。
    甘口とか辛口とかがない、お店やさんのようなカレーが家族で好評。
    コープで見つけたカレールー。

    このコクと煮込まれたとろみにハマってしまったのだ。
    とくに記載されていないが、中辛といったところか、大人向けな味。
    フレークなので溶けやすくて調理しやすい。
    --------------------------------------------------------------------------------------------------------
    ●商品DATA
    直火焙煎の手作りカレー
    玉ねぎ、にんにく、チャツネ等をココナッツとともにじっくりと焙煎し、
    30数種類のスパイスを使用したカレー粉と、香りを引き立たせるガラムマサラを加えて仕上げた
    香り高いカレーフレーク。

    お得な業務用(約20皿分)。
    保存に便利なチャック付き袋入り。

    内容量:500g
    ---------------------------------------------------------------------------------------------------------
    強いて言えば、開封後のチャック口が狭くて、スプーンなどですくうのが辛いという程度。

    この商品を作っている会社について調べてみた。

    以下、Wiki記事
    -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    ●ハチ食品
    日本で初めて国産カレー粉をつくった会社として知られる。
    また創業も江戸時代末期の弘化年間に端を発する歴史のある企業の一つ。
    その他意外なところでは、商品の殺菌、滅菌事業も手掛けている。

    主に一般向けよりもレストランなどで用いられる業務用向けに強く、
    特にレトルトカレーでは高いシェアを誇る。同社が所有するブランド「Hachiカレー」は
    1905年からの発売として知られる。
    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
      


  • Posted by ざっくばらん  at 10:19Comments(0)気まぐれ日記

    2009年08月06日

    山梨に行こうと思ったが・・・

    のりぴー



    のりピーが消えた?

    忙しい毎日、撮影やマスコミに追われて疲れた女優が
    どこか知らない人の家に忍びで隠れているというのを
    見たことがある。

    そこの住人に愛され、優しくされて、友情、または愛情に
    包まれる。

    そして人間のあたたかさを思い出しながら感動し、泣いた・・・

    勇気と優しさを取り戻した彼女は、何もなかったように、その場を去っていく・・・

    「一生、このことは忘れないわ」


    なんて感動する事にはならないか。
    ドラマの見過ぎと言われたらそれまでですが。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090806-00000008-sph-ent  


  • Posted by ざっくばらん  at 12:22Comments(0)気まぐれ日記

    2009年07月22日

    想い出がまた一つ・・・

    四季彩



    JR東日本・八王子支社所有のジョイフルトレインとして親しまれた、
    青梅線名物の「四季彩」が、この夏、7月20日をもって引退。

    機械はやはあり人間と同じように老巧化していくが、
    201系当時は省エネカーとしてデビューするも、後から新しい技術を盛り込んだ車両が登場し、
    201系そのものが老巧というより、先進の技術の過程で生まれた"犠牲者"ともいえる。

    そして、工場では先進のシフトが組まれ、チョッパー型を見放した形となったのだ。
    だから、201系同様、四季彩も例外ではなく、残していけるほどのコストがかけられなくなったのだ。

    マスコットだけは残して欲しい・・という願いは、JRの判断で賄われてしまうのは
    本当に残念だが、これも仕方のない試練。

    今は、短き命だった四季彩が、ほんの少しの自然との戯れる機会を与えてくれた事に
    感謝して見送るしかない。

    お疲れさま、そして、ありがとう。  » 続きを読む


  • Posted by ざっくばらん  at 12:30Comments(0)気まぐれ日記

    2009年06月25日

    男ってやつは・・・





    これ、かわいいよね・・・

    見たまますぐかわいいと思う男の性。
    つくずく、女性が好きなんだなあと思う。

    浮気とか不倫とかは論外としても、

    心の底にはいつも女性を思う。

    通りすがり、電車の中、テレビ、声・・・・
    切りがないほどの中で、常にどこかで意識している。

    男って、そういう生き物だと。

    つき合っている女性には、きっと嫌な気持ちを抱くだろうけど、
    いろんな女性の中からの一番だと察すればよいかと。  » 続きを読む


  • Posted by ざっくばらん  at 12:45Comments(0)気まぐれ日記

    2009年06月22日

    青梅線の名物が去っていく





    地元に走る電車は以外と見逃しがちなニュースだった。
    いつかは訪れるであろうこの日だったが、
    19日にJRからの発表があったのは、mixiの鉄道マニアからの報告だった。

    ジョイフルトレインと銘打った201系電車の最期が迫っている。
    「四季彩」という名前は、4両編成それぞれ季節の風景を盛り込んだラッピング車両が特長。
    多摩川を方向をパノラマ窓にし、外側向きの展望シートとしていて、
    車窓から奥多摩の風景を眺めながら楽しめた電車。

    今から応募して抽選に引っかかれば、当日イベント列車乗車する権利を得るのだ。

    地元とはいえ、このイベントに参加出来るかどうかは、
    地元人としての誇りに思えるかどうかの瀬戸際のような気がする。

    http://journal.mycom.co.jp/news/2009/06/12/021/index.html

      


  • Posted by ざっくばらん  at 12:15Comments(0)気まぐれ日記

    2008年12月15日

    イルミ王国

    青梅もかなりイルミ信者が存在するが、
    さらに奥深く進んでいくと、川井という場所に、ちょっとした(でもない)イルミ王国がある。
    もう既に以前から家々でイルミの兆候があったらしいが、とうとう広まった挙げ句に
    この町全体が一丸となって、山や道路に大規模なイルミを立ち上げるようになり、
    恒例のイベントとなってしまった。

    奥多摩大丹波イルミネーションフェスタ2008 オフィシャルサイト
    http://www.ohtabaturiba.com/illumi/  » 続きを読む


  • Posted by ざっくばらん  at 12:36Comments(0)気まぐれ日記

    2008年12月06日

    伝わったか、すごい技が。

    会社の忘年会の冒頭で、始まった中国雑技団の大技を近くで初めて見た。

    何人か写メを撮っていたが、自分はカメラを向けることはなかった。
    まるで娘が新体操やってた関係で、そんなに珍しくは感じなかったからだ。

    その雑技団の娘は、ずっと日本で活躍しているのであろうか?
    「またどこかでお会いしましょう」と言っていたが、後々テレビに出てきたら凄いな。

    かわいい顔して軟体業とはギャップを感じる。
      


  • Posted by ざっくばらん  at 22:03Comments(0)気まぐれ日記

    2008年10月31日

    Qちゃんが去る・・・

    あのQちゃんが引退を表明しました。
    かつては、2001年、シドニー五輪女子マラソン金メダリストは10キロの部に出場し、
    30キロの部でスターターも務めるなど、青梅市に新しいマラソンの風を吹かせました。
    青梅マラソンは毎年、招待選手などを発表し、オリンピック選手が招待されることもあり、ローカルながら
    当日はかなりニュースになり、青梅市という地名も
    「あのマラソンのね」と入る人が多いと思います。

    新体操を習っている娘も、新体操クラブ団体申込として、2008年大会には出場する予定でしたが、
    記録的な大雪のために中止になってしまいました。
    参加賞として記念品とスタッフ(?)Tシャツはちゃっかり頂いてます。

    青梅マラソン2008

    ■青梅マラソン公式ページ
    http://www.city.ome.tokyo.jp/index.cfm/43,0,151,389,html  


  • Posted by ざっくばらん  at 12:34Comments(0)気まぐれ日記

    2008年10月18日

    土曜出勤のあるくらし

    なんだかなあ、いい天気の土曜日。

    朝、足つった、その痛みが早起きを生んだ。

    この世の中、土曜日に出勤する人間が、電車の中にどれだけいるんだろう。

    時刻表は土曜日シフトで、休日扱いとなり、
    レジャー客も増えているが、平日ほど混み合いもなく
    都心までは早く到着。

    平日も、まったりと行きたいもんだな。  


  • Posted by ざっくばらん  at 10:56Comments(0)気まぐれ日記