たまりば

  日記/一般 日記/一般  青梅市 青梅市


2011年03月12日

帰宅難民を見た風景

生まれて初めての経験・・・自然災害の本当の恐ろしさをこの身をもって痛感させた。

初めから決まっていた残業+徹夜覚悟のこの日に、それは起きた。
よりによってだ。

どんなことがあっても、仕事っていうのは容赦なかったが、それを追いかけるように、余震も容赦なかった。

あの大きな揺れの後の余震のストレスは、たまったものではない。
ラジオが鳴り響く中、帰れなかった社員数名で余震続く中、仕事をこなしていくという。

腹が減ったことも忘れていたと思いついて、コンビニ行くと、そこに群がる帰宅難民、コンビニの棚はスッカラカンで、食料まったくナシ。まるでテレビで見た被災地のような都会の異様な光景。

ノロノロ走る大通りの車の両側の歩道は、ゾロゾロ歩く人の群れ。こんな光景見たことない!

帰宅手段のJRも、慎重・・・というべきか、他の路線は次々と運転再開のニュースが入ってくる中、終日全く再開するつもりはないようだ。

再開したとしても、あの難民の数、想像するまでもない混雑だから、それを考えたら、帰宅する気にもなれないわけで、また会社でネット喫茶デーときた。

そして土曜日、すがすがしいというか、白々しく良い天気で迎えた朝は、地震の後とは思えない。都会ってなんでこんなに平然とした場所なんだろうか?

ようやくJRも再開の見込みというニュース。

残りのぼちぼち仕事を終わらせて、平穏無事な田舎に帰りますか・・・・。





都会の揺れ・・というか、ウチの社屋の造りが柔かったという噂!となりのコンビニは棚はおろか、食材一つもこぼれちゃいなかったという事実。



  • Posted by ざっくばらん  at 07:52 │Comments(0)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    <?=$this->translate->_('削除')?>
    帰宅難民を見た風景
      コメント(0)